指導者のための健康・栄養セミナー 高知県栄養士会ホームへ戻る

平成28年10月29日(土)、高知県立大学永国寺キャンパスにて、公益社団法人高知県栄養士会・公益社団法人日本栄養士会主催、大塚製薬株式会社様の協賛をいただき開催しました。

生活習慣病予防のため栄養と運動を適切に組み合わせた指導は周知のことですが、スポーツ現場からはアスリート等の栄養サポートに対するニーズが高まっており、「スポーツ栄養」にスポットを当てた本セミナーはスポーツ現場で実践に役立つと好評をいただきました。
image01.jpg
セミナーには、栄養教諭等の管理栄養士・栄養士を始め、スポーツ指導者、行政関係者、大学教員、養成校学生等、約120名の参加がありました。
神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授 鈴木志保子先生による講演「女性アスリートのためのスポーツ栄養学」では、女性アスリートが抱えている栄養問題(エネルギー消費量の過剰によるエネルギー不足)とその問題を改善させるための栄養サポートの考え方について、貴重なデータをもとにエネルギッシュな講演で、もっと聞きたい、また聞きたいという声が多数あがっていました。
image02.jpg
また、高知大学教育学部学校教育教員養成課程(保健体育コース)准教授 矢野宏光先生の講演「心理的方法論をスポーツ栄養指導に生かす」では、専門知識をどのように相手に伝えるのか、行動をどのように変容させ維持させるのかについて、クイズ形式を盛り込んだ楽しい講演で参加者はどんどん引き込まれていました。 お二人の先生方のお話は、とても面白く和やかな雰囲気のセミナーとなりました。


Valid XHTML 1.0 Transitional W3Cの基準に準拠しアクセシビリティの配慮に努めます。 Valid CSS! 適正なスタイルシートを使用し、アクセシビリティの確保に努めます。