在宅ケア支援研修会
高知栄養士会トップ在宅ケア支援研修会トップ第1回研修内容第2回研修内容第3回研修内容第4回研修内容参加者の感想

第1回在宅ケア支援研修会

■参加者からの感想・ご意見より
・今まで、食事や栄養面に対するアセスメントやアプローチが少なかったことに気がついたため、今後の業務に活用していきます。

・在宅の要援護高齢者の支援について、栄養士さんと共に関わる場面が今までほとんどなかったが、栄養改善の重要性を再認識でき栄養士さんに期待してよい役割が理解でました。もっと関わりを持ってもらえるようアプローチ(栄養士さん)したい。

・配食サービスだけに頼るのではなく、自分が持っている能力を低下させないように支援する必要が有ること

・低栄養の人への取り組みの必要性を感じました。

・高齢者の食の実態と食の考え方、配食サービス利用の考え方等、栄養改善の具体例が参考になりました。

・口から食事をとることの大切さ、食事をともに楽しめる相手や家族が居ることは、かけがえのない宝物だと改めて思いました。高齢者の方への話しかけ方も貴重なお話でした。

・食べることを楽しめることを考える大切さ。

・講習で聞けない内容(実情)など聞かせてもらい、配慮していかないといけないことなど、再認識することができた。

・事例を通じて多職種との連携や、プラン・評価のしかたの具体が学べた。

・和光市の新たな医療との連携の取組、障害・保健と介護保険の統合への取組を聞けたこと。

・それぞれの専門職の力を集めて地域での課題、本人の力をいかしての方向性を見つける事ができるのではと学びました。


■取り組みたい点
・積極的に包括支援センターとまず連絡をとって、多職種連携の徹底に取り組みたいと思いました。

・冬場にかゆみ出現のある方にマーガリン・マヨネーズを検討して少しでもかゆくなくなればうれしいと思います。


■感想
・地域包括支援センターが中心となって積極的に支援をしていくことで周りの民間企業も動くと思いました。

・他職種と顔を合わせるためにも、各仕事別のグループ(栄養士、ケアマネ、事業所、ヘルパー、医師とか)を集め、何か一つの作業をするなどしてほしい。

・話を聞くだけでは、誰が誰か分からないのでつながりは広がりにくい。

・以前通所担当時、初めて栄養改善加算に取り組みました。他病院や施設で例もなく取り組んでみたのですが、これでよかったのかと今でも心に残ることがあります。もっとケアプランの例題を知り、今後に活かしていきたいです。また取り組みを教えて下さい。他に、高齢者でもできる余った食材での活用レシピがあれば知りたいです。

・私のケアプランには必ず栄養に関して項目を入れています。これからも、食と栄養、御本人の生きがいを支援出来るよう心掛けます

・今まで「栄養士さんの視点で在宅を考える」といっても、あまり分かりにくかったのが、今日の研修会で少し具体的になりました。


第2回在宅ケア支援研修会

■取り組みたい点
・当院でも訪問看護や訪問リハの担当から、食事に関しても栄養士に関わって欲しいとの声があるので、一緒に情報収集しながら動いて行く事から始めたいと思います

・訪問ナースと連携をとりながら取り組んで外に出ていけるように、これから頑張っていきたい

・低栄養・糖尿・腎臓への食事管理の必要性は在宅では以前からあります。訪問してくれる栄養士さんが近くにいないか調べてみたいです

・ケアマネへの情報提供

・病院のこれからの取り組みが在宅の方向なので、栄養指導も在宅の方まで対応可能になるよう取り組めたらと思います

・病院より在宅訪問栄養指導をしてみましたが、継続が難しく効果があったのかモニタリングができてないので、それがこれからの課題です

・ケアプラン作製の際にプランに盛り込んでいきたい

・配食サービス・ヘルパーの介入だけにならないよう栄養士との連携も図れるようにしたいと思います

・在宅訪問栄養食事指導としてケアマネと連携しても、家族の了解を頂くことが難しいので、もっとコミュニケーション能力や、日頃から信頼を頂けるような姿勢で仕事したいと思います


感想他
・腎不全の症例などの事例があり、効果がとてもわかりやすかった

・私はケアマネですが、在宅訪問栄養指導を今後利用できたら良いと思います

・先生の講義を聞いて在宅訪問栄養食事指導の必要性を強く感じました。

・講師の先生が、講演で再々お話されていた「この人に会えば元気になれる」という人柄そのままで元気になれました

・施設に勤める栄養士として、要介護者の在宅復帰が難しい場面に接することが多く、国が推進する「在宅」ということに疑問を感じていますが、それでも在宅復帰を目指す(希望される)方が多い中で管理栄養士の役割を確認できて良かったと思いました ・ケアマネージャーなど他職種との積極的な取り組みについて少しでも把握をできているようにされていることが参考になりました。

・530点/回では採算が取れないのではないでしょうか?

・栄養士がケアマネになる必要があるのではないかと考えました。


Valid XHTML 1.0 Transitional W3Cの基準に準拠しアクセシビリティの配慮に努めます。 Valid CSS! 適正なスタイルシートを使用し、アクセシビリティの確保に努めます。