go to topgo to male
»»home »»栄養士会ご案内 »»福祉事業部

福祉事業部

定義

児童福祉施設、社会福祉施設、介護保険施設等の栄養管理に関する部門又は関係行政機関団体の業務に携わる者(管理栄養士・栄養士)

分野

高齢、児童、障害施設

特徴

福祉栄養士協議会は、「高齢」、「障がい」、「児童」の3つの部門に分かれています。
介護保険法、障害者自立支援法、児童福祉法・次世代育成支援対策推進法に基づいて、福祉施設における管理栄養士・栄養士の専門職としての役割が明確化されてきました。
人としての尊厳を大切にしながら『食べる』ということを多職種協働で支援していくことに日々取り組んでいます。
栄養管理の質の向上ため、全国研修会、専門研修会が実施されており、研修会への参加、伝達講習等で、各々スキルアップに励んでいます。
また、関心の高い内容の研修企画や、最新の情報を提出できるよう努めています。研修の場での情報交換を通してそれぞれの施設で活躍している栄養士同士の仲間作りネットワークができることを目指しています。
そして、各部門ともに全国的な調査が実施されており、エビデンスをつくるためのデータの収集、蓄積に協力しています。

活動状況

・介護保健施設、障害者施設における栄養マネジメント業務の質と量及び利用者・家族の満足度に関する調査協力
・通所サービス事業所を利用している要支援・要介護高齢者に対する食習慣指導の効果に関する研究協力
・保育所における児童の健康・栄養状態及び食育に対する意識・ニーズの実態に関する調査協力
・高知市老人クラブ連合会健康まつり食生活相談

研修会

全  国
  ・専門研修会
  ・全国福祉栄養士研修会
  ・福祉全国ネットワーク会議

高知県
  ・児童福祉施設におけるクッキング講座


※各協議会の活動等につきましては高知県栄養士会ホームページをご覧ください

copyright(c)2008 公益社団法人高知県栄養士会 all rights reserved.